医療法人社団 フォルクモア
本部事務局 045-476-1615

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-4 シルバービル4F

  • 交通案内
  • よくある質問
  • 法人概要
  • お問い合わせ

横浜市青葉区の在宅医療・在宅介護・訪問診療/医療法人社団 フォルクモア

訪問診療/24時間365日体制



 


クリニック医庵の認知症予防プログラム
HOME»  訪問診療/24時間365日体制

訪問診療/24時間365日体制

1.訪問診療の姿勢

3名の常勤医師が中心になって、24時間365日の在宅医療を行っています。
私たちは「幸せと暮らしを支える医療」を使命としています。

  • 皆様のお話をていねいにお聞きし、ご本人の生き方や希望に添った適切な医療を提供します。
  • 常に向上心を持ち、 皆様にご満足いただけるように最善の医療を追求します。
  • 医療の多様な専門職や看護、介護スタッフと連携して、皆様の「幸せで自分らしい暮らし」を支えていきます。
訪問診療担当医

吉澤 康男 医師

吉澤 康男 医師
内科

田治 直英 医師

田治 直英 医師
内科・神経内科

高橋 丈二 医師

高橋 丈二 医師
内科・神経内科

2.訪問診療の範囲

訪問範囲は、各クリニックから半径5キロの範囲を原則として訪問しています。厚生労働省の訪問診療の規定では、半径16キロ以内となっていますが、診療の質を保つために、当クリニックでは半径5キロを原則として設定し、その範囲の中を毎日のように担当医師が巡回して在宅医療にあたっています。
赤丸は、訪問している高齢者施設の場所です。
 

訪問範囲

3.訪問診療の特徴

(1)訪問診療チーム体制

原則として、担当医師と担当看護師、事務、運転士がチームを組んでいます。
また訪問診療を実施しているクリニックは、3人の常勤医師が連携する「強化型在宅療養支援診療所」となっています。

(2)お一人お一人の診療

当たり前のことですが、お一人お一人に対しての在宅医療を実施しています。
たとえ高齢施設内に何人かを患者がいらっしゃるとしても、お一人お一人のお部屋に訪問して、診療いたします。

(3)認知症専門医、精神科医の訪問診療

当法人には、常勤の認知症専門医が在職しており、もの忘れ外来、認知症専門外来等で外来診療を行うと同時に、ご依頼に応じて往診にも出かけております。
どうしても外来に来ることが難しい場合、まず個人宅に医師がお伺いし、外来受診や検査に繋がるように診察をさせていただくことも行っています。

(4)看取り対応

原則として、すべての病状に対応し、ご本人・ご家族の希望に応じて、看取りまで責任を持って対応します。

(5)電子カルテによる情報共有

各クリニック間で共通の電子カルテを導入し、各クリニックの医師が患者情報を共有することができます。
たとえば訪問診療の担当医師がただちに対応できない場合、他の医師がカルテを確認して対応することができます。

(6)担当医師を中心にした駆け付け

担当医師が緊急時に駆け付けることのできる体制をとっています。
クリニックが開いていない休日、夜間帯等には原則として担当医師が直接、オンコールの電話を取ります。

(7)緊急時連携病院

近隣の主な総合病院とは連携関係に関して協定書を交わしており、それぞれの内容に応じて、緊急時の受診・入院等がスムーズにいくように手配しています。

(8)プライベート・マネージャー

患者様と訪問医療チームとの間を地域連携部が橋渡しを行っています。
ここでは、医療以外のこと、たとえば各種申請手続き等のご相談にも応じています。
そんな役割を果たす職員をプライベート・マネージャーと呼んでいます。

4.高齢者施設における訪問診療についての具体的な特徴

  • 在宅療養支援診療所として24時間365日対応します。
  • お一人お一人に対する訪問診療を実施します。
  • 訪問診療はチーム医療を心がけ、担当看護師が同行して、医師が指示する処置などを行います。
  • 夜間・休日は担当医師が第一優先先としてオンコールを取り、適切な応対をいたします。
  • 認知症専門医・精神科による往診を実施します。
    *定期的な月2回の訪問診療(在宅医療)とは別に、かかりつけ医の判断で認知症専門医・精神科医の往診を実施します。
    *訪問診療(在宅医療)とは別に、認知症専門医・精神科医の往診を希望する場合は、ご相談ください。
  • 地域の総合病院と連携して、緊急時の受診・入院等を担当医師が手配します。
  • 調剤は365日24時間対応の地元の調剤薬局と連携しています。

 
ページトップに戻る